Tier IV

  • Tech Blog
  • News
  • Documents
一覧に戻る

新オフィス本格稼働開始のお知らせ

Oct 14, 2020

株式会社ティアフォー(東京オフィス:品川区北品川、代表取締役社長:武田一哉、以下「ティアフォー」)は、今年7月に移転した新オフィスの全てのエリアで10月より本格稼働を開始したことをお知らせします。

 国内・海外どちらからでもアクセスしやすい品川に位置する新オフィスには、ワーキングスペースに加え、社員のコミュニケーションとリフレッシュを図るオープンスペースや、各種車両の実験・整備を行うガレージも備えています。チームのパフォーマンス最大化を目的にデザインされた新オフィスにおいて、Autoware (※)のグローバルスタンダード化および自動運転技術の早期実用化に向けて、より一層開発を加速してまいります。

 

オフィスコンセプト

 新オフィスは、「55%~未完成を楽しむ~」というコンセプトのもとに作られました。事業拡大に伴う複数拠点の統合移転を踏まえ、移転後も組織の発展と変化に対応できる自由度の高いオフィス空間を目指し、進化し続けるオフィスであるように仕上げています。

 

各エリアのご紹介

エントランス

 ディープテックらしくグレーや黒を基調にシンプルにデザインされたエントランスでは、解放感のある空間の中にインパクトのあるティアフォーのロゴが皆さんをお出迎えします。カウンタの横壁に、真っ白な有孔ボードの余白空間を作り、Autowareの誕生から今日に至るまで、これからティアフォーが歩む「自動運転の民主化」に向けた「Our Journey」のストーリーを、社員とともに描いていきます。

Shinagawa-Office 01

 

ミーティングスペース

アイディアの活性化を促すガラス張りのオープンな会議室から、30名以上収容可能なセミナー向けの会議室まで、様々なタイプのスペースを目的に合わせて利用することができます。今後、大型の会議室では「Tier IV X Research Seminar」や「Tier IV Academy」などの各種イベントを開催予定です。

Shinagawa-Office 02  

ガレージ

1Fは、フロア全体がハードウェアの実験スペースとなっています。弊社の開発する完全自動運転EV「Milee(マイリー)」や物流用ロボット「Logiee(ロージー)」、Autowareを搭載したJPN TAXI車両や、FMS遠隔操縦席などがあります。車両とソフトウェアの開発拠点を同一にすることで、開発効率のアップを目指します。

Shinagawa-Office 03

 

オープンスペース

2Fは、フロアの半分がリフレッシュエリアとなっています。メリハリのあるエントランスのイメージとは一転リフレッシュエリアは余白を持たせた流動性のある空間を設けて、温かみのある雰囲気になっています。デザインの異なるデスクやソファ、ゴロゴロできるスペースがランダムに配置されており、仕事から離れていつでも自由に食事や休憩をとることができます。Happy HourやMeetupなど、社内外のコミュニケーションを促進する各種イベントも実施予定です。

Shinagawa-Office 04  

ワーキングスペース

これまで複数拠点に点在していた各機能を一箇所に集約することで、チームのパフォーマンス最大化を図ります。一日中座っていても疲れにくいこだわりのある椅子や、複数台のモニターも設置可能な広いデスク、ミーティングの効率を上げるスタンディング会議室など、社員一人ひとりの生産性を高めることを重視したオフィス空間となっています。

Shinagawa-Office 05-2048x1367

   

「自動運転の民主化」を目指して

 2015年の創業以来、ティアフォーは「自動運転の民主化」−誰もが自動運転の発展に貢献できるエコシステムの構築−というビジョンのもと、交通事故の低減や交通の利便性向上など、様々な社会課題の解決に向けて自動運転技術を開発してきました。

 今回の移転に際しては、世界各国のメンバーから成るエコシステムの中心的存在であるティアフォー社員の働きやすさを最重要視しました。また、空港や主要駅からアクセスの良い立地であるメリットを活かし、国内外のパートナー企業との連携もより一層強化していきたいと考えています。様々な想いを込めた新オフィスにおいて、自動運転社会の早期実現に向け、社員一同気持ちを新たに邁進してまいります。

 

※「Autoware」はThe Autoware Foundationの登録商標です

 

<本件に関するお問い合わせ先> 株式会社ティアフォー 広報担当 Email:pr@tier4.jp

  • Autoware
Tier IV

© 2020 Tier IV, Inc.