Tier IV

  • Tech Blog
  • News
  • Documents
一覧に戻る

自動運転サービスの社会実装を検討する自治体向けにウェビナーを開催しました 〜国土交通省、警察庁、愛知県から講演者を招いた「第3回Level Ⅳ Discoveryシンポジウム」〜

Sep 21, 2021

  • Event

2021-09-22 L4D



株式会社ティアフォー(代表取締役社長:武田 一哉、以下「ティアフォー」)は、損害保険ジャパン株式会社(代表取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン」)、アイサンテクノロジー株式会社(代表取締役社長:加藤 淳、以下「アイサンテクノロジー」)とともに、2021年9月10日に「第3回Level Ⅳ Discovery(レベル フォー ディスカバリー)シンポジウム」を開催しました。

ティアフォー・損保ジャパン・アイサンテクノロジーの3社は、2019年2月に、安心・安全な自動運転サービスの社会実装に向けたインシュアテックソリューション「Level Ⅳ Discovery」※1の共同開発を発表し、自動運転に対応した保険商品やサービスの開発と、全国各地での実証実験に向けた各種サポートの提供を進めています。

サポートのひとつとして、2020年より、自動運転の導入を検討する自治体や事業者向けに、数々の実証実験に参画するなかで得られた学びや気づきの共有や技術開発の現在の立ち位置を示すなど、豊富な実証経験と高い技術力を有する3社の情報発信の機会としてシンポジウムを開催しています。

3回目となる今回のシンポジウムでは、国が示す自動運転サービスの実装ロードマップ※2を意識し、自動運転車開発と公道での実証実験に向けた実務面に着目。社会実装を進めるうえで理解すべき各種手続きやガイドラインに関して、その策定を主導する国土交通省や警察庁にご講演いただきました。加えて、自治体を代表し、早期より実証実験の相談窓口「あいち自動運転ワンストップセンター」を設置するなど数多くの実証実験と事業者間マッチングの実績を有する愛知県より取組みをご紹介いただきました。



プログラム


Screen Shot 2021-09-21 at 17.12.34



各講演の内容については、Level Ⅳ Discoveryのサイト(https://level4-discovery.org/)に、要約したレポートを掲載予定です。

ティアフォー・損保ジャパン・アイサンテクノロジーの3社は、今後もシンポジウムなどを通じて積極的に情報の共有化を進めることで、安心・安全な自動運転サービスの社会実装に向けての貢献を進めていきます。



※1 インシュアテックソリューション「Level Ⅳ Discovery」の開発についてはこちらを参照ください。

https://tier4.jp/media/news/level4_discovery/

※2 ITS・自動運転に係る政府全体の戦略である「官民ITS構想・ロードマップ」では、2025年度を目途に高速道路や生活道路などの少なくとも40カ所以上で、レベル4(高度運転自動化)の自動運転サービスを普及させる計画を示しています。



<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社ティアフォー
広報担当 Email: pr@tier4.jp

  • Autoware
Tier IV

© 2020 Tier IV, Inc.