Tier IV

  • Tech Blog
  • News
  • Documents
一覧に戻る

愛知県西尾市 西尾駅~西尾市歴史公園において 自動運転の社会実装を見据えた実証実験を実施のお知らせ

Dec 2, 2020

株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田 一哉)はこの度、愛知県事業となる西尾市の名鉄西尾駅~西尾市歴史公園において実施される「生活・観光混在エリアにおけるMaaS」をテーマとした自動運転の実証実験に協力いたします。本実証実験は、自動運転の実用化に向け社会実装のあり方を技術面、運用面の両面から追求する実証実験となります。

本事業実施主体である、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘)をはじめ、名古屋鉄道株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:安藤 隆司)、名鉄東部交通株式会社(本社:愛知県豊田市、取締役社長:大竹 宏)、株式会社メイテツコム(本社:愛知県名古屋市、取締役社長:犬塚 一広)、アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:加藤 淳、以下 アイサンテクノロジー)、岡谷鋼機株式会社(本社:愛知県名古屋市、取締役社長:岡谷 篤一)、損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤 敬二)と共同で本事業に参画します。


  1. 実証日程:2020年12月11日(金)から12月13日(日)まで

  1. 事業実施体制:(株)NTTドコモを核とする共同体で事業実施(株)NTTドコモ、名古屋鉄道(株)、名鉄東部交通株式会社、(株)メイテツコム、アイサンテクノロジー(株)、(株)ティアフォー*、岡谷鋼機(株)*、損害保険ジャパン(株)*、協力:アイシン精機(株)、西尾市

*アイサンテクノロジー株式会社の外注先として参画


  1. ルート等詳細:名鉄西尾駅西口ロータリータクシー乗り場を起点、西尾市歴史公園駐車場を終点としたルート

  1. 車両概要
 車両名  タクシー「JPN TAXI」
 仕様

 - 自動運転システム「Autoware*」および事前に取得する「高精度3Dマップ」を使用して走行
-Autoware PC搭載、3D-Lidarを6台搭載
-自己位置推定、障害物認識(停止)、信号認識(カメラ・通信等)の機能を実装


jpntaxi


*Autowareは、The Autoware Foundationの商標です。


  1. 実施体制図
 企業名等   主な役割
 (株)NTTドコモ  事業統括、通信環境構築、コンテンツおよびサービス、プラットフォームの提供
 名古屋鉄道(株)  交通事業者としての運行助言等
 名鉄東部交通(株)  自動運転タクシー型車両の運行支援
 (株)メイテツコム  顔認証システムの提供
 アイサンテクノロジー(株)  自動運転実証実験の実施、高精度3Dマップの作成等
 (株)ティアフォー  自動運転車両の提供、自動運転に係る技術提供
 岡谷鋼機(株)  実証実験の支援
 損害保険ジャパン(株)  リスクアセスメント(事故の予防)、走行中の安心見守り(事故の遠隔監視)、自動運転車両向け保険の提供


<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社ティアフォー 広報担当 Email:pr@tier4.jp

  • Autoware
Tier IV

© 2020 Tier IV, Inc.