Tier IV

  • Tech Blog
  • News
  • Documents
一覧に戻る

東京都公募:『令和3年度西新宿エリアにおける自動運転移動サービス実現に向けた5Gを活用したサービスモデルの構築に関するプロジェクト』採択のお知らせ

Jul 16, 2021

  • Press Release

Copy of Copy of Untitled Design



大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:相川 善郎)、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:武田 一哉)、損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西澤 敬二)、KDDI 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠)、アイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長 : 加藤 淳)、日本信号株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:塚本 英彦)、大成ロテック株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西田 義則)、株式会社プライムアシスタンス(本社:東京都中野区、代表取締役社長:大木 雅人)の 8 社は、東京都より公募された『令和3年度西新宿エリアにおける自動運転移動サービス実現に向けた5Gを活用したサービスモデルの構築に関するプロジェクト(事業プロモーター:日本工営株式会社)』(以下、「本プロジェクト」)に応募し、2021年7月に採択されましたので、お知らせします。



本プロジェクトの背景・目的


東京都では、地域の課題解決のため、「未来の東京」戦略(*1)で 2025 年に無人自動運転による移動サービスの実現を政策目標として掲げ、「スマート東京実施戦略」(*2)においても、自動運転の実用化を目指しています。特に輸送ニーズが高く、「スマート東京先行実施エリア」として先行的に5Gを整備している西新宿エリアにおいて、無人自動運転による移動サービスの早期事業化を目指した新たな支援を先行的に実施し、都内の他エリアへの横展開を図ることで、スマートシティ東京を実現することとしています。

本プロジェクトは、自動運転移動サービスの事業化に向けた課題抽出を行い、採算性やニーズを分析することで、西新宿の移動環境の整備や地域の魅力創出に向け、5Gの利活用による実証を通じて自動運転移動サービスの可能性を探り、西新宿や都内の他エリアへの早期実用化を促すことを目的として実施されるものです。



本プロジェクトにおける実証実験の概要


本プロジェクトに参画する8社は、自動運転移動サービスの早期実装に向けた「自動運転技術の高度化」と「社会実装につながる事業面の工夫」の取組みとして、公道における自動運転車両の走行実証を行います。

実証概要は次のとおりです。

実施期間:2021年度秋から冬にかけて2週間程度実施予定

走行ルート:新宿駅西口 ~ 都庁 ~ 新宿駅西口

車両:JPN TAXI車両をベースに開発した自動運転対応車両

テーマ

【自動運転技術の高度化】

  • まちのインフラとの協調(信号、トンネル等)
  • 昨年度実証実験(*3)からの技術的なアップデート

【社会実装につながる事業面の工夫】

  • 西新宿のまちづくりとの連携
  • 自動運転サービスに適したUXのつくりこみ
  • 交通事業者との連携


本プロジェクトに参画する各社の役割分担



Screen Shot 2021-07-15 at 17.34.44



Screen Shot 2021-07-15 at 17.35.25



*1 https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/basic-plan/choki-plan/

*2 https://www.digitalservice.metro.tokyo.lg.jp/smarttokyo/

*3 https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2020/08/13/01.html



<本件に関するお問い合わせ先>

株式会社ティアフォー
広報担当 Email: pr@tier4.jp

  • Autoware
Tier IV

© 2020 Tier IV, Inc.