News

ティアフォー、SOMPOホールディングスと資本提携
−累計175億円の資金調達で自動運転プラットフォームを活用したビジネスの早期実現へ−

株式会社ティアフォー(代表取締役社長:武田 一哉、以下「ティアフォー」)は、SOMPOホールディングス株式会社(グループCEO執行役社長:櫻田 謙悟、以下「SOMPOホールディングス」)を引受先として第三者割当による資金調達を実施したことをお知らせいたします。これにより、ティアフォーの累計資金調達額は175億円となりました。なお、SOMPOホールティングスは第三者割当の引受と同時に、損害保険ジャパン株式会社(取締役社長:西澤 敬二、以下「損保ジャパン」)が保有していた当社株式を取得しました。

 

ティアフォーはこれまでSOMPOホールディングスグループの中核を担う損保ジャパンを通じて、自動運転システムの遠隔監視・操作を支援する「コネクテッドサポートセンター」の共同開設や、それをリスクアセスメントや保険商品と組み合わせて提供することで、自動運転技術の社会実装に必要な安全性と利用者の安心感を高めるインシュアテックソリューション「Level IV Discovery (※)」の共同開発に取り組んできました。また、2019年6月には、損保ジャパンを引受先とする第三者割当増資を行うなど、両社の協業を推進してきました。

ティアフォーとSOMPOホールディングスは、自動運転の頭脳にあたるソフトウェア技術と「Level IV Discovery」を一体として提供し、自動運転技術の社会実装を支援する「自動運転プラットフォーム」の開発を事業として両社で展開するため、このたび資本提携を行うことで合意しました。

 

ティアフォーは今回の資金調達により、自動運転システムの商用化はもとより、自動運転システムを広く社会に普及させる自動運転プラットフォームを活用したビジネスの展開を進めてまいります。

 

※「Level IV Discovery」は、損保ジャパンがアイサンテクノロジー株式会社およびティアフォーと共同開発するインシュアテックソリューションです。走行前にリスク調査をする「リスクアセスメント」、走行中の「遠隔見守り・トラブル対応」、自動運転車の多様なリスクをカバーする「保険」の3つのソリューションにより自動運転の走行前・走行中・トラブルまでを総合的にサポートします。

 

<本件に関するお問い合わせ先>
株式会社ティアフォー
広報担当 Email:pr@tier4.jp

More News